歪み歪み

 

f:id:iamjin:20170818234405j:image
「かねてより」という言葉は芸能人の結婚報告のコメントくらいでしか聞いたことがないよね
と、この状況で思えるくらいにはどこか余裕があるみたいだ。かねてより私は交際相手を触れない、触られたくない。「なんで?」と責められたくなくて先回りして逃げる。その後何か察した相手は去っていく、これで4度目になるのは目に見えている。
いつの間にか交際相手に対して"好きだと思うけど"という推量で相手と向き合うことしかできないのがクセになってしまったようだ。
だって、「愛してる」という言葉を消化できないんだもん。 という言葉を吐く代わりに寝たふりをする。このクセのお陰で寝たフリだけは上手くなった。寝たフリをしている横でがさごそという音を立てて誰かの腕が絡みつく、"寝たフリをしているから"払いのける。「ごめんね」そう思いながら瞼を閉じ続ける。手に入れば封を開けずそのまま紙袋を置きっ放しにするお買い物中毒の人のようだと思いながら瞼を閉じ続ける。瞼を閉じ続ければ朝はやって来る、愛に瞼を閉じれば終わりもやがてやって来るだろう。

 

寝てる横で「浮気しても分かるから、あなたは嘘をつけない人だから。浮気しないでね」という言葉を投げつけられ、私は咀嚼できない相手の思いを枕に吐き散らかす。「お前そういってるけど、俺お前の友だちと2ヶ月前から寝てるぞ」と言ったらお前はどんな顔をするのだろう。「お前の目は節穴だな」そういう言葉と共にお前の顔に唾を吐きつけたらどんな顔をするのだろう。"やかましい、めんどくさい"と思い「そんなことしないから安心して」とお得意の目がなくなるくらいの全力の笑顔を作って答えてみせる気力もない私は寝たフリを続ける。このクセを発症した私は別れ話切り出すのもめんどくさいから相手から別れ話を切り出すのを待っている。翌朝、別れ話を切り出され、青天の霹靂みたいな顔をして私は相手に縋り付いた、別れを受け入れられなくて、"愛してる"と言って。

 

その矛盾は、相手に愛情があるからじゃなくて、生活のリズムが狂うから。

どこまでも自分本位、自分勝手だよと開き直りたい気持ちを堪え縋り付く。

 

そして、やってくる現実=別れ

 

生活のリズムが狂うことに漸く慣れた頃、

1人にやっと落ち着く、だって元々好きでもない相手に勝手に好きになられて告白されて付き合うという無駄なことをして手を回してぶち壊すのが好きなの、子供がお人形の髪を切ったり足をもいだりするようにぶち壊すのが好きなの。「結局お前には元々興味なんかなかったんだよ、バーカ」そう、ほくそ笑んで次もまた、これが私の最大のお遊び、最大のストレスの解消。

 

 

歪み歪み、ゆがみひずみ

 


#即興 #小説

君がいない東京は少しつまらない

f:id:iamjin:20170815013957j:image

6月我に革命起こりたり

 

裏切りと兆し混じる夏の始まり

 

浮気男と純情女と答え合わせ

 

倫理道徳は屑かごでぼくは子どもになる

 

走りだす夜景&夜警

 

振りほどいた手と虚無感

 

革命は過ぎ去りしトーキョー

 

胸骨丙の痛みを抱いた女

 

面倒くさいとめんどくさいの衝突

 

タバコの煙で泣く女

 

2人線香花火に灯した逃避行

 

ダンボールがかつての愛が飛び散る

 

最後の君との約束は決して守らない

 

触れるだけで涙がでてくる夜

 

気が向いたらかえっておいで

 

おとなにもこどもにもなれるぼくたちは

 

遠くの蝉夏の終わりを教えてくれ

 

ゴミ焼却場のような心で誰は泣く

 

中指立てる女抱き親指立てる

 

君は気まぐれまさに罪だって

 

ウォッカの瓶に映る故郷の川 

 

蜻蛉追いかけ位牌眺める新盆

 

君がいない東京は少しつまらない

 

#自由律 #俳句 #ストック

朝を前に

大人になったなと思う。
誰かとの関係性が終わってもそれを事実と思えるようになったから。
大人になったなと思う。
愛している人に「愛している」と言わずとも愛していると眼差しと行動で示せるようになってきたから。
大人になったなと思う。
愛している人の「愛している」と言う言葉でボロボロ泣いてしまったから。
大人になったなと思う。
「不安?」という言葉にカッコつけずに「うん」と言えたから。
大人になったと思う。
倒れてもすぐ立ち上がれたから。

 

#即興

真っ黒なカラスと

何処かで聞いた言葉で傷つけ合う朝

汗まみれの背中に爪を立て合う

太陽は登ったのか落ちたのか

自分が落ちたのか昇ってるのか

憎まれ口を叩く唇を噛み付かれ

余裕を持つカラスの余裕を奪う遊びに興じ

絞り出すような声で愛してると呟く

 

#散文詩 #即興詩 

 

 

ゼロになって、ちゃんともがく

f:id:iamjin:20170706175036j:image

目を覚ますと午前5時、シングルベッドの横で寝息を立てる家主、顔を両手でぴったり覆っていなければ眠れない家主の癖に気づいた早朝。

以前来た時に家主に「タバコを吸うならベランダで吸え」と言われたことを思い出し、アンダーウェア1枚の姿で慣れた手つきで窓を開け都会のビル群に囲まれた東京の朝焼けを眺めながらIQOSで一服。昨夜のテキーラがほんの少し存在を主張する身体に、ほんの少しだけ残る眠気。ぼんやりと怒涛の自分の1ヶ月を振り返っても笑けてくるだけで思い出すのはすぐにやめて、ベッドに再度潜り込む。

物音で目覚めた家主に「お前、体温高えな」と言われ胸骨丙をノックされる。「痩せっぽっちだな」そう家主は続けて言うだろうなと思いながら「子供の頃から眠いとさ、体温高いんだよ、俺」そう家主に答えると「痩せっぽっちだな」と家主はぼく予測通りの言葉を呟き、浮き出た肋骨に触れる。

「不思議な関係性」そんな言葉が脳裏をよぎる。家主とぼくの関係性を表す言葉ならあまりにも多すぎる。けど、家主とぼくは肉体的には繋がらない。その欲求がぼくにはない。家主にドキドキするような熱い想いは湧き上がらない。家主もそのような欲望や想いはないであろう。だから、今日ぼくが考えている"名前のない関係性"に適任なのは、家主なんだろうなぁとそんなことを考えながら家主のTシャツに顔を埋める。「お前いつも甘えてくるな」と呟き、眠気ナマコで呆れた顔をしてるであろう家主に「ワン」と答えたら、頭を叩かれた。鈍い痛みと丁度良い眠気と安心感で瞼を閉じると、眠りに落ちる瞬間に家主に抱きしめられた気がした。

夏を前に立ち尽くすむ

f:id:iamjin:20170703191051j:image

昨年の秋くらいだったと思うIQOSにしたのは。前に付き合ってた彼女がストアに始発で並んでプレゼントしてくれた大事な大切にすべき物だった。一つの関係性が終わったからか、飲み友達がIQOSの充電が切れた時に紙タバコを買ってきてくれたからか、紙タバコを併用するようになっていた。ずっと吸っていたアメリカンスピリットのメンソールライト、タール9mg。家は完全禁煙なので紙タバコを吸う時はベランダに用意された喫煙所で景色を眺めたり好きな音楽を聴いたりPCを広げ作業しながら、のんびり吸うのが昔から好きだった。久しぶりにベランダから下界を見下ろすと一瞬の懐かしさと安心感が生まれた。ずっと愛用しているスターリングジッポのカランとした特有の音さえも安心感を与えてくれる気がする。

夏が来た。

強さと弱さの間で

「あなたはロゴスしかないの、パトスが一切ない。何故自分を抑圧して生きてるの?感情を剥き出しにしなよ」と目の前の友人は目を真っ赤にしながら僕に怒っていた。永遠の別れを経て無気力状態で過ごしていたある日大学近くの喫茶店で会った友人は僕の近況を聞いてそう怒っていた。いつも冷静でかっこいい友人の涙を見たのはその時が初めてで、僕はとてもびっくりした、だけど僕は泣けなかった

 
「あなたって自分を嫌いな人に好かれることに重きを置いて生きてるよね」これは他の友人の言葉。アップルパイを突いてる僕にこう言った、他人事のように捉えた。
 
「あなたは強いのか弱いのかよく分からない」
これはかつての母の言葉。ある朝突然そう言われた、自分が分からないと思った。
 
 
「どこがいいわけ?」
これはこないだの言葉。
「うるせーお前が好きだわバーカ」と何もない関係性に言い返す、永遠に何もなくても。
 
自分にパトスが生まれた気がした。