「きみ」と別れるために、そしていつか「きみ」と遠く、どこかで再会するために、「ぼく」は旅をする

f:id:iamjin:20160111215419j:plain

あの感情。

 

単調な毎日を積み重ね生きる今でも五感をフル作動させて目の前の世界を味わっていたあの日のあの瞬間を何気ない瞬間にふと思い出す。17歳の春、大きなリュックを背負って一人タイはバンコクへ向かった。子どもの頃大人に将来の夢を聞かれ「旅人と詩人」と大真面目な顔をして答えた僕はあの日バックパッカーとなった。もしかしたらバンコクの地で死ぬかもしれないと思い遺書を日本に置いて、大好きな中原中也の詩集と5万円とちょっとした着替えを持って旅に出た17歳。「僕は孤独なんだ」と初めてバンコクの地を踏んだ時ふわっと思ったことを今でも覚えている、メンタルではなくフィジカルの面での孤独を知った。

一人旅はここでは詳細に語れない程自分にはバラエティに富んでいた、今でも相棒なレイバンのサングラスもバンコクのデパートで「これから先困窮してもいい」という思いを抱えながらインスピレーションで購入したし僕がかつて真っ直ぐにプラトニックに愛した人がパリから「私たちもう終わりにしよう」と国際電話をかけてきてアユタヤの世界遺産を目の前に「今までありがとう、元気でね」と電話口で涙を堪えて笑顔で別れを告げたりと色々なことがあった。国際電話のあった日の夜にバンコクのバイヨークスカイホテルの展望台で美しい夜景を見ながら「傷心旅行になっちゃうなぁ」とボソッと独り言を呟いたのも今では誇らしい思い出のひとつだ。

 

それらの思い出の中でも鮮明に覚えているのは夜のバンコクプラトゥーナム市場に初めて足を踏み入れたこと。人種の坩堝、世界中から集まってきたバックパッカーたちが集い多くの人々で賑わうあの空間に足を踏み入れると今まで抱いた事のない喜怒哀楽のどれにもカテゴライズすることができない感情が込み上げてきた。湿度が高く暑いあの特有の環境に身を置いたにも関わらず鳥肌がたち足が震えた。その中で僕は目前の世界を目に焼き付け、目を閉じて大きくゆっくり深呼吸をすることしかできなかった。独特な異国の地の匂いさえもとても素晴らしく新鮮な匂いに感じ目頭が熱くなった。そしてその後市場の小汚い屋台で多国籍の異文化交流を拙い英語で行った、「タフなティーンエイジャー」とイギリス人に言われた事は今でも誇りだ。

 

 

あれから5年の月日が経ったというのにもあの時の光景と感情を22歳になった今でも生活の断片でふと思い出す、今でもあの時抱いた感情と同じ感情は見つからない。
また一人でリュックを背負い旅に出れば抱けるのだろうか。あれから僕は旅を捨てて日常を選んだ、国内で一人旅を細々と続けているが国外には出ていない。しかし、今心の奥で旅に出たいという気持ちが蘇っている。

将来の夢=旅人だった僕は何故旅に恋い焦がれていたのだろうか。

僕が旅をする理由は何であろうか。

しかし22歳は旅の数だけ旅の理由が存在する事を知っている。

僕が今旅をしたいと思う理由は・・・



ps.かつてある女性を愛した、あなたは子供ねと彼女は言った。僕は心を与えたが彼女は僕の魂を欲しがった。