分かったこと。

f:id:iamjin:20180401200746j:image

数時間の仮眠後に目を覚ますと、
気だるそうにソファに腰をかけて煙草を吸いながら空を見上げていた。
「君、一度寝たら中々起きないタイプなんだね」そんなことを言われた気がする。
「嗚呼」寝起きの声で応える。
「11時まで君は寝ていなよ」
「いいんだ」そう応える。
立ち上がってシャツに袖を通し、デニムを履き転がっていたバッグを手に取りドアに手をかける、フロントの「鍵はこちらに」と書いているボックスに鍵をダンクしホテルを出た。
ホテルを出ると自然に背を向け違う道を歩いて電車に向かう。「いいんだ」と言って以来ここまで相手には一言も発しなかった。

やってしまった、これはダブルミーニング
ワンナイトにしては上出来な相手だった
心配性だから、財布の金は抜いておいた。
ポケットにはクシャクシャな万札が6枚
いや、心配性だったらワンナイトなんかしないか。ほんの少し笑けてきた、JR新宿駅近くの喫煙所でピースに火を灯す。そして1人答えは合わせをする。殆ど酔ってなかったから答え合わせする必要なんてないのに。断片的な記憶を思い出す、左手の指輪を外してバッグにしまったことを思い出し指輪をしようとおもったがそうする気にはならなかった。好きな人のことを思い出す、あいつだったら横にいても苦にはならないのにな、好きな人のことがどれほど好きなのか身に染みて分かった以外にプラスなことはなかった。付き合っている相手なんていないから間違ったことはない。けど、何か間違ったことをした気になってしまった。

「君はその人のことを強く愛してるんだよ」という言葉を反芻する。浮気じゃないのに一丁前に浮気した気になってる、実際に浮気していた頃はそんな罪悪感なんて一切抱かなかったのに。「好きになりすぎるのは考えようもんだな」ピースの火を消してそう心で呟く。

今日も空は目が痛いくらい晴れていた。